子供視力低下を改善するなら田中謹也アイトレーニング

田中謹也さんのアイトレーニングで小学生の視力回復

私の息子は今年小学校4年生になりましたが、
いつの間にかメガネが手放せないほど視力が低下していました

 

しかし、田中謹也さんの子供視力低下の回復法を
1日13分間ほどマニュアルの通りに続けたら、
約2カ月ほどで両眼で0.2だった子供の視力が
1.0にまで回復しました。


★田中謹也アイトレーニング・ここをクリック★

 

ある日、私の子供が学校の視力検査でメガネが必要なほど子供視力低下と診断されました。
最近はメガネが必要なほどの近視になる小学生が増えていることは知っていました。
しかし、まさか自分の子供の視力低下は想像もしていなかったのでショックでした。

 

視力検査

なんとか我が子がメガネをかけずにすむ方法はないものかと、

ネットで子供視力低下の回復について検索している時に、
田中謹也さんのアイトレーニングを見つけたのです。

 

作者の田中謹也さんはアイ・トレーニング、視快研、小牧店で、
アイ・トレーニング公認のインストラクターをしてる方です。

 

平成15年のオープン以来、987名の子供視力回復に成功し、
9割以上の子供の視力を0.8以上に回復させているんです。

 

子供視力低下の回復の方法についてメールで色々問い合わせをしたんですが、
丁寧な返信で励ましてくれて、この人なら信頼できるなと感じました。

 

自分の子供の視力でお悩みの方は、ぜひ一度、公式HPをご覧ください。

 

botan

 

 

田中謹也

日本人の子供の視力低下が進行している

日本人で視力低下を訴える人の多くは、近くははっきり見えるけれど、遠くがハッキリ見えないといった症状の近視の人です。他の民族や外国と比較しても日本人は近視の人口が多いと言われています。しかし、そのハッキリした原因は医学でもまだ解明されていません。

 

一番よく言われているのが遺伝説です。両親あるいは父親か母親のどちらかが近視だと子供視力低下が遺伝すると昔から言われています。また、一方では目の使い方や照明の使用方法、食生活などの生活要因の影響と考える環境説も考えられます。そして、遺伝と環境の二つが絡み合って近視になると考えられていますが、医学的には、やはり遺伝的要素による近視の割合が大きいと考えられているようです。

 

近視に関連する遺伝子も発見されており、なんと89%の高確率で親から子へ遺伝するというデータもあります。また、近視の進行が強い時期というのも存在します。一般的には、子供のころは視力に問題がなかったのが、思春期から子供視力低下が進行し、メガネやコンタクトレンズが必要になるというケースが多く見られるのです。

 

近視による視力低下が、多い年代は0歳〜20代前半までと言われています。このころは、人間の成長期に当たり、身長や体重の増加と共に、眼球の大きさも徐々に変化してくる時期なのです。眼球が成長することで水晶体と網膜との間が広がり、光の焦点の位置が手前の方へ少しづつずれてくるのです。中学生ぐらいまでは、個人差はありますが遠視の傾向が多いのです。しかし、遠視は、眼球の成長によって焦点が前にずれることで正常な視力に変化してくるのです。しかし、これが子供のころから正常な視力であった場合、眼球の成長によって焦点が手前にずれてしまうことにより、遠くが見えずらい近眼となってしまうのです。このような屈折の度合いや成長によることが原因の子供視力低下である近視に関しては、主に遺伝説が有力であると言えます。

 

また、環境説については、学業に専念する学生時代は、試験勉強などで夜遅くまで目を酷使することが多くなります。その上、現代の子供はテレビゲームやパソコン、携帯電話にスマートフォンと小さな液晶画面を見つめる時間が多くなり、目にとっては最悪の環境になってしまっているため、子供の近視かが進んで、メガネやコンタクトレンズにたよっらざる負えない子供が急増しているのです。

 

視力検査のCのマーク

視力検査でお馴染みのアルファベットのCのようなマークは、学生時代の健康診断や運転免許所の更新の時に必ずと言っていいほどお目にかかるものです。この誰もが知っているマークは、ランドルト環という名称で、19世紀後半から20世紀初頭のフランスの眼科医の世界共通のランドルトが視力検査用の記号として考案しました。

 

視力の数値は、確認できる最少視角の逆数で表し、視力1.0の場合は、1分(1分は角度を表す単位で1度の60分の1の角度)の視覚を確認できる能力があることを表します。例えば、2分の最小視角が確認できた場合は、視力は1÷2で0.5となり、10分の最小視角が確認できた場合は、1÷10で0.1の視力であるとされます。

 

一般的な視力検査の方法は、視力表から5メートルの距離で行います。視力表のラウンド環で視力1.0のマークは、高さ7.5ミリ、マークの線の太さ1.5ミリ、マークの切れ目部分の幅1.5ミリとなっています。5メートルの距離からの「文字の切れ目部分の幅1.5ミリ」が視角1分になるのです。5メートルの距離から、このマークのの切れ目の方向を確認できれ)、視力1.0に相当するのです。ちなみに、視力0.5を判断するランドルト環の大きさは1.0のランドルト環の2倍、0.2を判断するランドルト環は5倍、視力表の最上部の0.1を判断するランドルト環は1.0を判断するランドルト環10倍の大きさとなっています。視力検査の際に最上部のランドルト環の向きが判別できない場合は、さらに前の線まで前進しで測定します。仮に4メートルの線まで前進して0.1用のランドルト環の方向が判別できれば視力は0.08となり、3メートルの距離で判別できれば0.06となるのです。ランドルト環以外の文字を使用した視力検査として、日本ではひらがなやカタカナも使用されていますし、海外ではアルファベットのEなどが使用されています。

 

なお、視力が0.01未満のケースについては、指の数を判別することができる距離で表す指数弁(例えば目から30センチの位置の指の本数が判別できる視力を「30cm/指数弁」)、目の前で手のひらを動かしてその動きが判別できれば手動弁、明暗を認識できれば光覚弁と呼び、明暗の判別すらできない場合はは医学的に盲と診断されます。

 

↓↓↓子供の視力低下改善ここをクリック↓↓↓